光が丘KID

東京都第3ブロック所属 練馬区光が丘少年サッカーチーム 光が丘キッドサッカークラブは 参加する部員の父母により運営され、ボランティアのコーチにより指導されているサッカーが大好きな小学生のためのチームです。

最新記事のRSS

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カナリーズTMマッチレポート

VSカナリーズTM

1st leg 20min.6ー0 ヒロト・アサヒ・レン・ダイキ・アサヒ・アサヒ

アサヒ
ダイキ カズハ
ヒロト
イブキ
ヒビキ レン
ユースケ

2nd leg 20min. 6ー0 レン・ヒロト・ヒロト・カズハ・カズハ・カズハ

ヒロト
カズハ ハルト
ヒビキ
レン
ハヤト イブキ
ユースケ

3rd leg 20min. 5ー1 ヒロト・ヒビキ・ヒロト・レン・ヒロト

レン
ヒビキ ヒロト
カズハ
アサヒ
ユースケ ハヤト(ダイキ)
イブキ

4th leg 10min. 1ー1 ダイキ

ハルト(ユースケ)
ハヤト ダイキ
イブキ
ヒロト
アサヒ ヒビキ
レン

あさひ10
だいき7 かずは6
ひろと8
いぶき7.5
ひびき6 れん7
ゆーすけ8
はやと5.5
はると5.5
(それぞれの期待値からの相対評価です)

スロースターターの光が丘キッド。1st legが一番よかったのが今回の一番の収穫です。
課題は選手それぞれに伝えました。みんな次回までに修正してくれると思います。

U2

| マッチレポート | 01:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美谷本チャイルド5マッチレポート

vs 喜沢 1ー0 ヒビキ
vs 蓮田レックス 6ー0 アオイ ナナト ヒロト3 アツキ

決勝戦
vs 美谷本 0ー1

初の11人制大会。
システムは
GK 4-1-4-1

いつもは「ポジション毎の役割…」という事を求めていましたが、今回は真逆の「ポジションの役割にこだわり過ぎない」と話しました。

走り負けない。1対1で負けない。
しつこいディフェンス。
(ボールを)奪われてもすぐに奪い返しにいく。
お互いの距離感。自分たちでスペースを潰さない。
判断のスピード。
コーチングの声。

11人制サッカーを楽しもう!!
だいたいこんなテーマで臨みました。

総評(10点満点)
ヒロト 8.0
2試合目はCBで先発。我慢してバランス取れていました。後半は本来のトップ下へ。後半のみでハットトリックはさすが!Bestゴールは2点目のゴールマウス右隅へのグラウンダーシュート。混戦のゴール前でも落ち着いて相手DF、GKの位置を確認して「ゴールへパス」のような技ありの一発。

イブキ 7.0
終日FPのみの出場。ボランチとして安定感抜群。決して目立つプレーではありませんが
玄人好みの職人のプレー。キャプテンとしてもっと前へ前へ出てくれると良いですね。

ヒビキ 7.5
サイドでは縦の突破はナイス。しっかりゴール前に詰めて跳ね返りをシュートはチーム初ゴール。CBでもフェイントを用いてひとりをかわすプレーや前線へのロングキックはコーチの指示を忠実にトライしてくれました。

カズハ 7.0
主に左MFでの突破はチームの武器に。タッチラインまでえぐってのマイナスのグラウンダーパスからアツキを経由してアオイのゴール…は、ベンチの指示通りのナイス連携。惜敗を喫した決勝戦でもゴリゴリ仕掛けてましたね。

アサヒ 6.5
両サイドのMF、DF、CBと大忙し。色々とトライさせて良い時期かな?と。たまにキレの良いドリブルを見せてくれますね。落ち着いて周りが見えるようになればもっともっと上手くなります。

ダイキ 6.0
主にトップで出場。常にディフェンスラインの裏を意識しなさいというベンチの指示を実行してくれますね。ゴール前にボールが入った時は必ずキーパーがキャッチするギリギリまで詰めてくれます。もうちょっとボールが収まれば良いFWになりますね。

ハヤト 5.0
残念なパフォーマンス。技術はあるのに発揮出来ていません。メンタル面かな?まあじっくり待ちます。付き合います。
ユウスケ 5.5
2試合目はGKを指名。前回のさくらGで、冷静かつ良い反応を見せてくれたので期待してのGK起用でしたが、たまたまウチのワンサイドという展開になってGKとしての見せ場が無かったですね。FPとしては運動量不足。

アオイ 6.5
1ゴール上げた時のゴール前の入り方、ポジショニングは完璧でしたね。膝の成長痛は残念。サッカーをやってる少年期ではある意味上手く付き合っていかなければならないかな?無理は厳禁。

タカシ 6.0
本人も言ってましたがベストパフォーマンスは右MFで出場した一試合目でした。良く首を振って周囲を見れていました。目の前の相手をひとりかわせば大きなスペースがあるのに中にいる味方にボールを預けてしまうのはもったいないかな?

タカト 6.0
不動のCBとして色んな6年生と組ませてみました。この日は正直「可もなく不可もなく」という評価。厳しいかな?と思いつつもそれだけ期待の裏返しと思って下さい。もっともっと攻撃的CBとしての力は持ってます。

ナナト 7.0
またまたセンスを見せつけてくれました。保持したボールを簡単には奪われません。トップに入れてもボールが良く収まります。トップチームのレギュラー入りも見えて来ました。同じコメントになりますが「練習に来なさい!」笑

トモヤ 7.0
決勝戦ではある意味主役でした。ファインセーブを連発。唯一の失点シーンはGKトモヤへバックパス…イレギュラーしたボールをダイレクトキック…が見事相手へナイスパス…失点(~_~;)
それでもあと2つくらい失点してもおかしくない場面も抜群の反応で防いでくれました。
前へ出る勇気と自信を持ってさばける足下を磨いていきましょう。

アツキ 8.5
素晴らしいパフォーマンスでした。ダブルトップ下のポジションでしたがボランチの位置まで下がって受けたり、前へ仕掛けたり…と広い範囲に動けてました。自分で行くところ、周りを活かすプレーの判断も良かった。

試合の合間のアップ時には「試合を想定した練習を…」と呼び掛けています。アツキは自分の技術を発揮出来るような準備をしていましたね。元々足下のテクニックはある選手ですが「持ち過ぎ…判断の遅れ…」が課題でした。その技術を発揮する場面がバッチリかみ合いました、珍しく…(笑)

何よりこの日一番楽しそうにプレー出来ていました。この辺りがMVP受賞の一番の理由です。

決勝戦の相手美谷本FCは難しい相手でしたが…
敗因は采配ミスです。スイマセン。m(_ _)m
予選の段階で丁度副審を担当していて一試合通してじっくり観察していたのでちょっと舐めてました。
ベンチワークがバタバタしてしまったのが、選手を混乱させてしまいましたね。

それでも新チームとして新ユニフォームをまとった門出で「準優勝」は好発進だと思っています。

4月からすぐに全日本と練馬リーグが始まります。
頑張ります!ベンチもσ^_^;

コーチY

| マッチレポート | 02:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッチレポート番外編

卒部会での卒部生(現6年生)との紅白戦。
監督Sと相談の上現5年生(新6年生)は10名ということで10人vs10人の変則マッチ。

先の美谷本招待11人制を見越してのテスト。

試してみたフォーメーションは

GK 3-1-3-2
GKには新加入のユウスケ(後半はイブキと入れ代わりボランチへ)
スリーバックは左から
アサヒ、レン、ヒビキ
ボランチに
イブキ(後半はユウスケと入れ代わりGK)
MFには左から
カズハ、ヒロト、ハヤト
FWに
ハルト、ダイキ

まあ、イメージ通りでしたが二試合には少し修正して
GK 3-1-4-1
ハルトを左MFに下げてカズハ、ヒロトのダブルトップ下へ。

フィジカル&スピードにおいて一番警戒していた卒部生シンヤのズドーンシュートにやられました。タツヤのペナルティエリア内の技ありゴールも。
あとの2失点はゴールキックのミスからと無用なバックパスと不用意な横パスをかっさらわれての失点。
これは課題が残りましたね。

現4年生(新5年生)との紅白戦は終了間近の勝ち越しゴールにより2ー1でなんとか面目を保ちましたがミスからの失点は余計でした。

それでもコーチとしてはとっても満足な内容でした。

本番では新5年生6名を加えて今回のフォーメーションを軸に
GK 4-1-4-1
(ボランチというかアンカー)

GK 4-2-3-1
(ダブルボランチのザックジャパンスタイル)

選手ひとりひとりの特長を活かした起用になりますが、ポジションは固定ではありません。
いろいろとチャレンジさせる選手、あえて同じポジションで使い続ける選手…やっぱり成長の度合いを確認しながらの…選手それぞれです。

全日本、練馬リーグ、光が丘杯、関東団地、さわやか杯、キッドミニカップ、その他招待大会…目白押しですが、恐らく来年の卒部までこんなカンジの起用になると思います。

結果 ??育成

両方とも求めるのはアタリマエです!

先ずは美谷本招待…楽しみです。

コーチY

| マッチレポート | 02:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キッドミニミニカップマッチレポート

予選リーグ
vs 大泉ロッソ 1-1 △ アサヒ
vs ウエスト 1-3 ?? ヒロト
vs 早宮 6-2 ?? ヒロト2 カズハ2 レン2
1勝1敗1分 勝ち点4 予選3位

三位決定戦
vs 早宮 6-0 ?? ヒロト2 ダイキ アツキ カズハ

新6年生の部
同チーム優勝 ウエスト
大泉ロッソ
3位 光が丘キッドSC
4位 早宮SC

相変わらずスロースターターです。
初戦のロッソ戦も勝てない試合ではなかったですね。
ウエスト戦では攻撃ポジションの選手と守備的ポジションの選手がバラバラ。前半はボランチより後ろは慣れたメンバーでしたが前4名はまったく始めての組合せ。攻守とも全員で連動しなければ簡単にやられます。それが確認出来たという意味では良い反省材料となったゲームでした。
早宮は予選と連戦になった3位決定戦もチームとして噛み合いましたね。バリエーションに富んだ攻撃は面白かったです。

サイドの選手の守備の意識が低かったので初戦のハーフタイムで全員に向けて「まずはディフェンスから」と意思確認。
後半からサイドへ投入したアサヒはしっかり意識してディフェンス出来ていました。攻撃面でもチーム先制点。その後FWで使った時はシュート外し過ぎですが(笑)
それでも今日のプレーはここ最近では一番の出来でした。堂々の優秀選手賞!
6ゴールのヒロトはチーム得点王。さすが!狭い所では苦戦したのでボールを受ける前に自分でスペースを作れる動きを。これマンU香川に求めてるくらいの高いレベルの要求です(笑)
イブキはボランチでは相手の動きを読んで度々インターセプト。散らせるパスも良かったです。浮いたボールの処理にもたついた隙を付かれて失点…は反省。
ハルトは相手と正対した時に必ず右に行っちゃいます。左サイドではわざわざ混んでる中に入ってしまう、ということです。技術的な事よりも体幹やバランスの問題かな?一人で出来るアジリティトレーニングを教えます。
ダイキは前線での運動量はイイですね。味方のシュートが入った時は必ず詰めています。
CB起用ではプレースピードが遅く危なっかしい場面も。そこは課題。
左MF、トップ下、CB、ワントップと色々トライしているカズハ。ゴールシーンはもちろん良かったですが、左サイドのタッチライン際ドリブル突破からマイナスのグラウンダーパスがあればチームの武器になるんですがね。
ヒビキは右サイドではどうしても攻撃の意識が向き過ぎてサイドに張ってるだけになりがち。ボールをプレーする時間が短いのはディフェンスをサボってるからです。CBの時の前のスペースが空いた時のドリブルで運ぶプレーはチームの攻撃に迫力をもたらしてくれます。
ハヤトは動き出しに課題。スピードは直ぐに上がりませんが「ボールが出てから動く」では勝負になりません。元々ボールタッチは良いので一歩先に動き出して「ボールを呼び込む」事を意識すれば格段に良くなると思います。
レンはいつものCBでは珍しくイージーなミスが見られました。左サイドMFのスピードの乗ったドリブルは良かったのにシュートやパスに繋がらない。たまらず右サイドにポジションチェンジしたらレンのスピードが活きましたね。
体験入部中のユウスケ。ボールタッチは柔らかくワンタッチで捌くプレーはGOOD。運動量やスピードは課題ですがサッカーをよく知ってますね。CB起用した時も浮いたボールをキーパーへヘッドで返したのはサッカーを良くわかっている証拠。
穏やかな子ですが2日目にしてチームにすっかり馴染んでました。
「ユウスケ、もう君はキッドの一員です。入部オメデトウ!」笑

来週は11人制の大会があります。
レン、ハルトを欠きますが新5年生6名を加えて14名で臨みます。

2014年度新生キッドトップチームは既に始まっています。

コーチY

| マッチレポート | 02:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仲町FC TMマッチレポート

VS 仲町FC @仲町小G
20分ハーフ
1-2 ヒロト
4-5 ヒロト2 ナナト カズハ
15分一本
0-1

スコアだけみれば完敗ですね。
仲町FCは良いチームでした。
何人か良い選手もいました。ただし「個」ではまったく引けを取っているカンジはなかったです。

今日は試合前から
「勝ち負けではなくて、ここ最近練習で取り組んでいることをトライ出来るかどうか?」
というテーマで臨みました。

課題は
「一対一で目の前の相手に負けない」
「フェイントで交わす」
「前が詰まったら後ろに落としてミドルシュートを狙う(狙わせる)」

いつも以上に強引な突破しようというプレーが見られましたね。
ヒビキは若干「コネ過ぎ」の感はありましたが、チャレンジしている意図は見えましたよ^_^
何本か惜しいミドルシュートもありました。

各選手のポジション適性とコンビネーションを試せました。
これはもちろん今回だけに限る話ではありませんが、チームとしてあらためて弱点もあらわになりましたしポジティブな発見もありました。

21日(祝)のミニカップ戦も引き続き試しながら…
でもちょっとだけ勝利にこだわって挑みたいと思います。

審判や応援・サポート、自転車帯同ありがとうございました。m(_ _)m

コーチY

| マッチレポート | 02:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT